和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > これを知らずに投資はするな!

これを知らずに投資はするな!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

profile

 

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

今回は住宅の話ではありません。

 

投資に関しての話です。

 

最近ではiDeCoNISAなどを自分で運用して

少しでもお金を増やしましょう

と言っている専門家は多くなっていますね。

 

まぁ、私もその1人ですが…。

 

将来のために少しでも投資して、

良い運用成果を目指すことは、

大事なことです。

 

しかし、ご存知だと思いますが、

投資をすれば必ず得をするという

わけではないので、それは忘れないでください。

 

景気が一気に落ち込んだ

2009年ごろと比べれば、

今は株価が上がってきているので、

「数年で◯◯万円儲かった!」とか

「資産が1億円超えた!」という特集が

雑誌やネットなどのメディアで

組まれているのを目にしたかもしれません。

 

あたかも、いま投資すれば

儲けることができるかのように感じてしまいます。

 

この記事を見ているあなたは

何かしらお金について不安や

興味があるのではないかと思います。

 

そこでこんな特集を見てしまうと

「将来のためにちょっと投資してみるか〜」

となる気持ちもわかります。

 

しかし、景気や株価というのは

上がったり、下がったりを

繰り返していきます。

 

ここ10年ぐらい、

若干下がったりはありましたが、

ほとんどの企業の株価は上がり続けています。

 

上がっているということは、

いつか下がる時が来ると

言い換えることもできますね。

 

個人的には物事には周期というものがある

と思っているので、あと数年で世界的に

景気が悪くなる時期が来ると思っています。

 

2020年には東京オリンピックがあるので、

そこまでは大きく景気が悪くならず、

その後に景気が悪くなると見ています。

 

もし、あなたが、今の株価が高い時に

投資をし始めて、もし一気に株価が

下がったらどう思いますか?

 

0になってもいいぐらい少額の

お金だったり、当分使う予定のない

余裕資金で投資しているのなら別ですが、

結構大きな損が出てしまうと

投資が怖くなって、

もうこれ以上投資しないでおこうと

思いませんか?

 

 

損しつづけることもあります。

 

 

そうならないためにも、

今の年齢、投資期間、投資の目的、

また、どれぐらいの損なら精神的に

耐えられるかなどに合わせて

投資先を選択する必要があります。

 

また、ご自身でも今後の景気や

株式相場がどうなるかある程度の

予測はしないといけません。

 

景気や株価の予測が難しいと感じる場合は、

「投資期間が10年をきったら、

株式への投資割合を少なくする」

など、あらかじめ投資のルールを

決めておき、それを機械的に

実行していくことが必要になります。

 

今後、いつかは間違いなく

株価が下がるときは来ます。

 

最近でも、アメリカのトランプ大統領の

発言などをきっかけにして、中国経済が

減速するのではと思った人が多かったことで、

株式市場の調子が良くありませんね。

 

 

投資をするということは

こういうリスクがあることを

理解しておかないといけません。

 

 

もう一度言いますね。

 

投資をして将来のお金を

増やす努力は必要です。

 

しかし、投資をする場合は、

今後の景気を予測できるよう

勉強する必要がある。

 

もしくは、自分に適した投資のルールを

作り、それを機械的に実行していく。

 

あなたが今後投資をしようと

考えているのであれば、

これを忘れないようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

キャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 水曜日以外
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。