和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 親からの住宅資金援助の注意点

親からの住宅資金援助の注意点

 From: 柴垣FP事務所@柴垣和哉

 profile

 

 

 

 

 

家を買おうと

思っている方の中には、

両親からいくらか

家の購入資金として

お金を援助してもらう

方がいらっしゃいます。

 

私の元へご相談に来る方にも、

はっきりご両親から

いくらもらえるのかは

分からないけど、

 

「なんかちょっと

お金出してくれるみたいです」

 

と言われる方が多いですね。

 

 

基本的には、誰かから

1年間で110万円以上の

お金をもらうと

110万円を超えた金額に対して

贈与税という税金がかかります。

 

お金をもらった人が払う税金です。

 

 

この税金は自分で

税務署に申告しないといけません。

 

「今年、これぐらいのお金を

もらったので110万円を

超えた分に関して

税金払いますね~。」

 

っていう感じです。

 

しかし、家の購入資金を

両親もしくは、

おじいちゃんおばあちゃんから

もらった場合には

一定金額までは

この贈与税がかからない

という制度があります。

 

それが、これ。

 

「直系尊属からの住宅取得等資金の非課税の特例」

 

 

制度の名前は難しいので、

名前は忘れちゃってください。笑

 

 

とにかく、両親か

おじいちゃん、おばあちゃんから

家の購入資金として

お金をもらったら一定金額は

税金を払うことなく

もらえるんだってことだけ

知っておいてください。

 

ちなみに、この制度で700万円までは

税金がかからずに援助してもらえます。

 

また、建てる家が

省エネ住宅の基準をクリアした

ものであれば1200万円まで

となっています。

 

 

住宅資金援助の注意点

 

 

ただし、この制度を

活用しようと思ったら

誰の名義で家を建てるのかを

考慮する必要があります。

 

例えば、旦那さんだけの

名義で家を建てた場合。

 

旦那さんの直系尊属、

つまり旦那さんの両親か

おじいちゃん、おばあちゃんから

もらったお金の一定金額までが

非課税になります。

 

しかし、奥さんの両親か

おじいちゃん、おばあちゃんから

もらったお金については

この制度は使えないわけです。

 

 

逆に、奥さんだけの名義で

家を購入した場合だと、

旦那さんの両親や

おじいちゃん、おばあちゃんから

もらうお金はこの制度を使えず、

奥さんの両親やおじいちゃん、

おばあちゃんからもらう

お金についてこの制度が使えます。

 

 

また、この制度は

住宅ローンの返済のために

もらったお金は対象外です。

 

あくまでも、家を建てるためのお金、

もしくは土地を購入し、

その上に家を建てる場合の

土地の購入資金に限られています。

 

 

両親からお金を援助してもらう

場合にはこういった

注意すべき点があるので、

間違えないように

してくださいね。

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。