○○歳代が1番大変!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

profile 

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

先日見た国立社会保障・人口問題研究所

というところが調査している

「生活と支え合いに関する調査」

の結果が面白かったです。

 

その中の、年齢階級別に今の暮らしについて

「大変ゆとりがある」「ややゆとりがある」

「普通」「やや苦しい」「大変苦しい」

のうちどれに当てはまるか

アンケートを取った結果が

特に印象的でした。

 

というか、予想通りすぎました。

 

アンケートに回答した人のうち

今働いている人の結果を

年齢階級別にみてみると、

「やや苦しい」または「大変苦しい」と

答えた人が1番多いのは

40歳代と50歳代で

男女共に43%45%でした。

 

その理由についての詳細は

書いていなかったのですが、

その理由はだいたい予想できますよね?

 

 

40代、50代が1番大変

 

 

そうです。

 

40代と50代は子供がいる家庭であれば、

教育費が増える時期になります。

教育費は子供が中学に入ったとき

ぐらいから本格的にかかり出します。

その時期からはなにかと

支出が増えてしまい、今までできていた

貯金ができなくなります。

それどころか、貯金が減っていく時期が

続く家庭が多いです。

 

ハウスメーカーで見積もりを

取られた方に聞くと

 

「みなさんこれぐらい住宅ローンを

借りられているので問題ありませんよ。」

 

と言われている方が多いです。

 

住宅ローンの返済が厳しく感じ出すのは

子供が中学に入ってから。

 

だいたい家を買って

10年後ぐらいからなのに、

その点には触れずにこういった

あまり根拠のないセールストークを

している所もあるのが現状なんですね。

 

住宅ローンの金額に関しては

「みんなと同じだから安心」

は当てはまりませんし、

その「みんな」はまだ自分の子供が

小さい方がほとんどですし、

10年後の家計は徹底的に

シミュレーションしないと予想できません。

 

10年以上前に住宅ローンを

借りている人であれば、

住宅ローンを金利が低いローンに借り換えることで

毎月の返済額を減らすことが

できる場合もあります。

 

しかし、今は歴史上まれに見る

低金利時代ですので、

今から住宅ローンを組む人は、

将来住宅ローンの支払いが厳しくなって、

住宅ローンの借り換えを

しようとしても今よりも

住宅ローンの金利が下がるというのは

あまり期待できないでしょう。

 

 

家計的に1番大変な

40代~50代を乗り切るには将来のシビアな予想と

それに対する金銭的な準備が必要不可欠です。

 

そのためには将来の収入予想は少なめに、

支出は大目に見積もるのがポイントですよ。

 

 

 

実績画像2 

 

 

 

あなたのメールアドレスの登録だけでOK

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 水曜日以外
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。