和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 子供への仕送りのお金についても考えていますか?

子供への仕送りのお金についても考えていますか?

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

私は普段、和歌山で住宅購入を考えられている方に対して、

その方が「無理なく返済していける住宅購入予算」を

試算させていただいています。

 

その「無理なく返済していける住宅購入予算」を

試算する場合には、必ず子供の教育費に

どれくらいのお金がかかるのかを考慮します。

 

子供が私立の高校・大学に進学するのか、

それとも公立の高校・大学に進学するのかで

支払うお金は大きく変わります。

 

もちろんどこに進学するかどうかは、

その時になってみないとわからないことですが、

公立の高校に進学するつもりが、

私立の高校大学に進学することになり、

想定以上にお金がかかってしまい、

家計に負担となってしまうケースは珍しくありません。

 

 

もしかしたら、あなたやあなたのご兄弟も

そういった経験はなかったでしょうか?

 

私には、ありました。

 

私には2歳年上の兄がいるのですが、

兄が私立の高校に進学することになった時に親が兄に、

「高校は私立に行かせてあげるから

その代り大学は国公立に行きなさい。」

と言われていました。

 

私の場合はその逆で、

高校は公立じゃないとダメで、大学は私立の大学でも構わない

と言われていました。

 

 

しかし、その兄が進学した大学はというと

私立の大学でした。

 

 

これにより、想定とは違う教育費が

家計にのしかかることになってしまったわけです・・・。

 

 

このように住宅購入予算を考える際には、

この子供の進学先は考慮しておかないといけないこと

だというのは皆さんイメージできることかと思います。

 

 

さらにそれに加えて、考えておかないといけないことがあります。

 

それは、大学進学するにあたって

子供が下宿することになってしまった場合です。

 

 

仕送りが必要になったらどうしますか?

 

 

子どもが頑張って勉強をして、

いくつもの大学を受験して、やっと決まった進学先が

私立の大学。

さらに他県にある大学だった場合・・・どうしますか?

 

 

私立の大学は、和歌山にはほとんどありません。

 

和歌山から通える大学になるとかなり限られてしまいますね。

 

私がご相談を受ける方の中には、和歌山市の方だけでなく、

新宮や串本、湯浅や有田市からご相談に来られる方もいらっしゃいます。

 

和歌山市からであれば、大阪にある私立大学に

通うことも不可能ではありません。

 

しかし、和歌山市よりも南に住んでいる場合はどうでしょうか?

 

 

大学に進学することになると

下宿する可能性がかなり高くなりませんか?

 

ちなみに、日本政策金融公庫の

「教育費負担の実態調査結果」(2014年度)によると、

自宅外通学者への仕送り額の平均は、

 

年間約118万円となっています。

 

月あたり10万円の仕送りが必要になるというわけです。

 

 

そう考えると、私立大学に進学して、

なおかつ下宿することになると、学費と合わせて

年間200万円以上のお金が出ていく事になります。

 

子供がもう1人いる場合、

この倍の金額がかかることもあり得ない話ではないですね。

 

 

もちろん親の家計状況もありますので、

全員が毎月10万円の仕送りを受け取っているわけではないですし、

バイトなどで生活費の一部を本人が負担することは考えられます。

 

しかし、実際に下宿をすることになった場合に、

10万円とはいかなくても、親心としては

いくらかの仕送りはしてあげたいと思われる方が

多いのではないでしょうか?

 

 

そう考えるとある程度、

この仕送りのお金も考慮しておく必要があると言えそうですね。

 

 

住宅の購入予算を考える場合は、

今後の収入は少なく見積もっておき、

反対に支出は多めに見積もっておくことがコツになります。

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。