和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 老後資金2000万円に近づく確実な方法

老後資金2000万円に近づく確実な方法

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

profile 

 

 

 

 

 

実績画像4

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

 

 

「老後資金として2000万円必要」

という言葉が話題になってますね。

 

最初、麻生大臣が金融庁が出した

報告書から老後資金に2000万円が

必要と発言しました。

 

2000万円という言葉だけが

一人歩きして、そこから

国の年金制度に対しての

不満が高まりました。

 

100年安心」の年金制度は

どこ行ったんだと…。

 

そもそも、2000万円が必要と

結論づけられた理由は、

「夫が65歳以上、妻が60歳以上の

無職世帯が年金に頼って暮らす場合の

モデルケースでは、毎月約5万円の赤字が

発生するので、90歳まで生きると

考えた場合に65歳時点で

2000万円のお金が必要」

という試算結果が出たからです。

 

個人の方の相談を受けていて思うのは、

老後資金2000万円が必要かというと、

必要な人には必要な金額である

と言うことはできます。

 

しかし、そこまでのお金を

準備する必要がない家庭の方が

多い気がします。

 

この試算自体が

「ゆとりある老後生活」を送ることを

前提にしているので、必要な

老後資金額が多くなるのは当然です。

 

ちなみに、この「ゆとりある老後生活」の

毎月の支出は35万円です。

 

これは旅行やレジャー、

趣味などの支出も含めた金額。

 

老後なので、子供にかかる費用は

必要ないので夫婦2人で

毎月この支出、ということになります。

 

どうですか?

 

「毎月そんなに必要かなぁ…」と思いましたか?

 

そう思ったあなたは

老後2000万円っていう金額が

あまりあてにならないと分かりますね。

 

 

しかし、2000万円も必要じゃなくても

老後資金の準備が必要なのは

間違いのないことです。

 

 

老後資金は若いうちから

 

 

少しでも老後資金を準備できる

ようにするために今からできることは

何でしょうか?

 

それは、

「住宅を無理なく返済できる価格に抑えること」

です。

 

この価格を何となくで決めてしまうと、

毎月の住宅ローンや日々の生活費、

子供にかかる教育費の支払いに

いっぱいいっぱいで、気がついたら

老後資金が全然貯まっていない

ということになりかねません。

 

実際に相談に来られた方の中にも、

世帯年収が1000万円あるにもかかわらず、

定年前になって老後資金が

全然貯まっていないと気づく人がいます。

 

歳をとってからではできることが

限られるので、若いうちから

準備が必要です。

 

そんなことにならないためにも、

家を建てる前に将来のお金について

ちゃんと考えておきましょう。

 

まず、

 

「家の価格を無理なく返済できる金額にする」

 

ことが前提です。

 

そして、それと同時に

 

「適した住宅ローンを選ぶ」

 

「保険を見直す」

 

「コスパのいい火災保険を選ぶ」

 

「保険で貯蓄せずに投資する」

 

こういったことも先送りにしないで

若いうちに実行していくと

老後資金を確実に準備することができます。

 

あなたも老後資金が話題になっている

今のうちにお金について

考えてみてください。

 

もし、どうすればいいかわからなかったら、

お気軽にご相談ください。

 

全力でお手伝いさせていただきます。

 

 

 

 

 

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

キャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 水曜日以外
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。