和歌山家づくりのお金相談センター  > 相談事例  > 大阪府守口市 J・Iさんの住宅ローン相談

▼ 大阪府守口市 J・Iさんの住宅ローン相談

大阪府守口市 J・Iさん(40代)のお悩み

住宅ローンの審査に落ちてしまった。なんとかならないか。

相談の経緯

40歳男性からのご相談。
病気の為、団体信用生命保険に加入できない。比較的告知が緩い「ワイド団信」でも加入できなかったとのこと。
団体信用生命保険の加入が任意のフラット35に申し込んだが、連帯保証人を立てることができなければ、住宅ローンの審査には受からないと金融機関に言われ、なんとかならないかと思い相談に来られました。

相談のポイント

団信を申し込んで謝絶を受けた場合には、連帯保証人を立てる必要がないことを金融機関の担当者は知らなかった。

相談結果

結局、別の金融機関でフラット35の申し込みをすることにしました。
団信を申し込み、団信の謝絶を受けたことで、無事に連帯保証人を立てる必要なく住宅ローンの審査に通過することができました。

コメント

金融機関の方でも担当者によって知識はまちまちです。
もし、私のところに相談に来なければIさんは、返済計画は問題ないのに住宅購入をあきらめることになってしまっていたかもしれません。

>> 相談事例の一覧に戻る

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。