和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 住宅購入は増税前がお得!

住宅購入は増税前がお得!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

消費税増税。

 

あなたはまだまだ先のことだと思いますか?

 

消費税8%から10%への増税時期は201910月です。

まだ1年半以上あります。

 

消費税が上がる時には決まって、

家は増税前に買った方がいいのか、

増税後の方がいいのかという話題が出てきます。

 

消費増税と家づくりとの関係で言えば、

建売の家を買う場合は、2019930日までに

「引渡し」を受ければ消費税は8%が適用されます。

 

一方、注文住宅を建てる場合には、

2019331日までに住宅会社と

工事請負契約を締結すれば、

家の引渡しが201910月を過ぎてしまっても

消費税8%が適用されることになります。

 

もしあなたが注文住宅を考えていて、

家を建てる土地をまだお持ちでないのであれば、

まず土地を見つける必要があります。

 

そして、土地が見つかったら

家の建築をお願いする住宅会社を探して

その会社と工事請負契約を結ぶことになります。

ここまでを約1年後の2019331日までに

完了させないといけないわけですね。

 

理想的な土地を探す場合、

すぐに見つかる場合もありますが、

長い方で2年以上かかっていたりします。

 

ですので、増税前に注文住宅を建てようと

思っているのであれば、

そろそろ準備し始める必要があるでしょう。

 

 

金銭的に得なのは?

 

 

また、家を増税前に購入するか後か

金額的にはどっちが得なのか迷ってしまうと思います。

 

増税前か後のどちらが得なのかは、

家を建てたらお金をもらえる

「すまい給付金」

も含めてトータルで考えるべきです。

 

すまい給付金は消費税8%の時に家を買うと、

年収510万円以下の方を対象に、

年収に応じて30万円〜10万円の給付金が

受け取れる制度です。

 

消費税が10%に上がった後だと、

年収775万円以下の方が対象になり、

年収に応じて50万円〜10万円を受け取れます。

 

このすまい給付金を踏まえた上で、

どちらが金銭的にお得かというと、

それは、

 

増税前

 

です。

 

なぜかというと、例えば、

年収500万円の人が2500万円の建物を

建てる場合で考えてみましょう。

 

消費税は土地にはかからず、

建物にかかるので増税前の消費税は合計200万円、

増税後だと250万円です。

 

そしてこの場合、増税前に受け取れる

すまい給付金は10万円、

増税後だと40万円です。

 

消費税額から給付金を引いた

負担する実質の消費税額は、

 

増税前:190万円(200万円-10万円)

 

増税後:210万円(250万円-40万円)

 

となります。

 

少しの違いですが、金銭的には

増税前のほうがお得ということになりますね。

 

このように、増税前は金銭的に得なので

駆け込み需要で家を買いたいという人が

殺到する時期になります。

 

そうすると、この時期は建築資材の

値段が上がる傾向があります。

 

さらに駆け込み需要が起きることで、

住宅会社が忙しくなるので、一人一人へのサービスや

対応の質が落ちてしまうことも考えられます。

 

前回の5%~8%に増税した時に比べると

今回は落ち着いているとは思いますが、

金銭的な部分だけでなく、

こういったデメリットな部分があることも

知っておいてくださいね。

 

もし、契約が増税時期に

ドンピシャになってしまう場合は、

念のため数か月~半年ほど

家づくりを延期することも

考えたほうがいいと思います。

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 水曜日以外
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。