和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 車のローンが家計や住宅ローンに影響する理由

車のローンが家計や住宅ローンに影響する理由

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

アメリカの大統領がトランプに決まりました。

 

まさかの結果になりましたね。

今後アメリカの政治はどうなっていくのでしょうか。

 

トランプは選挙中かなり過激な発言をして注目されていましたが、

大統領に決まってからはそういった発言は控えていますね。

 

そもそもトランプはビジネスの世界で結果を出している

優秀なビジネスマンなので、もしかしたら選挙中の過激な発言も

戦略のうちだったりして・・・。

 

どちらにしろ、今後の彼の言動には注目ですね。

 

 

個人的には、トランプがアメリカの大統領になったことで

メキシコに今後どう影響するのかが気になっています。

 

学生のころに、私はメキシコに2年間住んでいましたから。

 

トランプは、メキシコとアメリカの国境に壁を築くとか、

北米自由貿易協定(メキシコとの物の輸出入にかかる関税をなくしている協定)

をやめると言っています。

 

メキシコには多くの日本企業が進出しています。

特に車関係の会社が多いです。

これは、人件費の安いメキシコで車の部品を作って

アメリカに持っていってその車を販売するためです。

 

車の分野で言うと、少なからず日本企業にも影響は出るかもしれません。

 

 

さて、この車ですが、和歌山に住んでいると車は欠かせません。

生活の必需品です。

多くの方が車を保有していますし、

1台だけでなく、2台保有している家庭も多いです。

 

この車を購入する方法は、

現金一括で購入か、ローンで購入するか、ですよね。

 

あなたは車をお持ちですか?

 

そしてその車はローンで購入しましたか?それとも現金で購入しましたか?

 

 

車の購入方法が家計に大きな影響を与える。

 

 

車を購入する際に、いつもローンで購入している方は注意が必要です。

 

それは、ローンを利用すると、

車の購入金額を毎月払っていきます。

 

そしてその毎月の支払いは何年にも渡って続いていきます。

当たり前ですね。

 

このように毎月数万円の車のローン支払いがあると、

その支払いが優先されてしまって、

将来に必要な子供の教育費や旅行などの費用を

貯金することができなくなってしまう方がいるためです

 

そういう方は、次の車を買い替える時期に

新しく車を購入するお金が貯まっていないことが多いので、

また車をローンで購入することになります。

 

このようにローンの利用から抜け出せなくなってしまいます。

 

また、車のローンを借りていると、

住宅ローンを借入する際に、「車のローン=借金」と考えられてしまい、

住宅ローンの審査に影響が出てしまいます。

 

収入が比較的少ないとか、借入金額が多いとかで、

住宅ローンの審査に受からない方も少なからずいらっしゃいますので、

そういう心配のある方はなるべく住宅ローンの審査の前には

そういった借金は清算しておかれることをおススメします。

 

 

車の予算や購入方法は、少なからず家計や住宅ローンに

影響してくることは知っておいてくださいね。

 

 

私にご相談に来られる方には、

もちろん子供の教育プランだけでなくこの車の購入費用も考慮したうえで、

「家を買った後もお金が貯まる住宅購入予算」

をお伝えしています。

 

そこまで考えないと意味がないですからね。

 

 

 

「知っているだけで1000万円変わる?!」

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「無理なく返済できる住宅購入予算」を知りたい方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。