和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > クレジットカードのせいで住宅ローンが・・・。

クレジットカードのせいで住宅ローンが・・・。

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

 

あなたはネット通販を利用しますか?

 

 

今から家を買うような比較的年齢が若い人達だと

ほとんどの方がネット通販を利用するのではないでしょうか。

 

今では、身の回りのほとんどのものが

ネットで購入ができますから、便利な時代です。

 

私も、読みたい本があれば、

基本的にアマゾンで購入しています。

 

仕事先などで本屋を見つけたらとりあえず入りますし、

気になる本が見つかれば本屋でも購入することもありますが、

アマゾンならなかなか本屋に置いていない本でも

すぐに見つかるのでこの便利さから

自然とアマゾンを利用しがちになります。

 

 

さて、あなたはこのネット通販の支払いは何で行っていますか?

 

クレジットカード払いですか?

 

銀行振り込みですか?

 

代金引換ですか?

 

コンビニなどでの電子マネーでの支払ですか?

 

 

おそらく多くの方がクレジットカード払いで

支払っているのではないでしょうか?

 

 

ちなみに、総務省の平成26年通信利用動向調査報告書によると、

ネットでものを購入する際の決済方法で一番多いのが、

クレジットカードで全体の約60

次いで、代金引換が約40%、

そして、コンビニでの支払い

となっているようです。

 

 

このクレジットカード払いですが、

かなり便利なんですが、

ネット上で決済が完了してしまうので、

あまりお金を払ってる感覚がありません。

 

 

お金を払っている感覚がないので、

使い過ぎてしまう場合があります。

 

しかも、クレジットカードで払ったお金の引落しは

1ヵ月とか2か月後になります。

 

私も証券会社に勤めているときにはそうだったのですが、

会社員など勤務されている方であれば毎月給料が入ってきます。

 

すると、

 

「今月はお金がないけど、

来月の給料が入ったら払えるから買っちゃおう。」

 

「ボーナスが入るから、買っちゃえ!」

 

と支払いは後回しにして、買っちゃうんですよね。

 

 

これが続き、気が付くと毎月のカードの支払いが多くなって、

給料だけでは足りなくて、貯蓄を取り崩すことになったり・・・。

 

 

さらに、住宅購入者向けで考えると、

クレジットカードを使い過ぎてしまうと、

貯蓄を取り崩すだけでなく、

住宅ローンの審査にも影響してしまうことがあるので

注意が必要です。

 

 

クレジットカードのせいで住宅ローンが組めない?

 

 

クレジットカードの何が住宅ローン審査に影響するのかというと、

 

それはクレジットカードに設定されている

 

「キャッシング枠」

 

です。

 

キャッシングとは、例えば、

 

「給料日前にお金が足りない!」

 

となった時に、

 

持っているクレジットカードに

そのキャッシング枠が設定されていれば、

そのキャッシング枠の金額を上限に、

ATMからお金を引き出すことができます。

 

 

キャッシングしたそのお金は

次のクレジットカードの引き落とし日に

引き落としされます。

 

つまり、一時的に借金するわけですね。

 

 

通常、このクレジットカードのキャッシング枠は

クレジットカードを作った時に設定することになっています。

 

また、申請すればこのキャッシング枠の上限を増やすことができますし、

逆にこのキャッシング枠をなくすこともできます。

 

 

住宅ローンの審査では、このキャッシング枠があると、

「この金額分を借金している」と判断され、

審査に影響します。

 

これは実際にキャッシングを

しているかどうかは関係ありません。

 

クレジットカードにキャッシング枠が

「設定されているだけ」

でもです。

 

例えば、お持ちのクレジットカードに

50万円のキャッシング枠が設定されていると、

住宅ローンの審査では

「この方は、今50万円の借金をしている」

と考えられます。

 

50万円のキャッシング枠がある

クレジットカードを3枚持っているとすると、

150万円借金をしていると考えられるわけですね。

 

 

すると、その分だけ借入できる

住宅ローンの金額が少なくなってしまいます。

 

 

ですので、もしあなたがキャッシング枠が設定されている

クレジットカードをたくさんお持ちなら、

住宅ローンの審査を受ける前に

キャッシング枠をなくしておくか、

必要のないクレジットカードは解約すること

も考えてみてくださいね。

 

クレジットカードは便利ですが、

何枚も持っている必要はあまりないですからね。

 

 

もちろん大事なのは借入できる金額を借りることではなくて、

「無理なく返済していける金額で借入すること」

ということは忘れないでくださいね。

 

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。