和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 台風での被害のためには火災保険

台風での被害のためには火災保険

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

ここ最近、台風や地震など

自然災害が続きました。

 

被害に遭われた方には

心よりお見舞い申し上げます。

 

和歌山でもまだ停電が

続いている地域があるようです。

私が住んでいる橋本市は

少し停電したぐらいで

そこまで被害はありませんでした。

 

和歌山市では他にも被害が

結構出ているようですね。

 

飛んできたものが家の窓ガラスに

当たってガラスが割れたり、

屋根の瓦が飛んだり、

看板や柵が曲がってしまっていたり…。

 

和歌山に台風は頻繁に来ますし、

地震も南海トラフ地震が

予想されているので、

これから家を買おうと思っている方には

こういった対策も必要になります。

 

 

自然災害のリスクをカバー

 

 

こういったリスクには

火災保険で対応しておく必要があります。

 

火災保険の補償は

火災によるものだけでなく、

台風などによる被害を補償する「風災」、

雪が積もったことによる

家への被害を補償する「雪災」、

ひょうによる被害を補償する「ひょう災」、

ガス爆発などによる「破裂や爆発」、

川の氾濫による被害のための「水災」、

泥棒に窓ガラスを破られたり、

物を盗まれたときに補償される「盗難」、

排水管の破裂などによる

壁紙の張り替えなどを補償する「水ぬれ」

 

などがあります。

 

 

今回のような台風の被害を

補償してくれるのは「風災」補償ですね。

 

しかし、風災については

少数ですが補償されるのは

「被害額が20万円以上の場合」

などの条件にしていたり、

家自体への被害だけでなく、

家の敷地内のものや

家の付属品も補償の対象にするには

オプション特約が必要になる

保険会社もあります。

 

このオプション特約を付けると、

カーポートが壊れた、

フェンスが曲がった、

雨桶から雨水が漏れる

なども対象になるわけです。

 

当然ですが、それぞれの補償を

つけることで保険料は上がります。

 

全ての補償を確保すると

保険料がかなり高くなってしまいますので

あなたが住もうと思っている地域には

どういったリスクがあるのか、

理解した上でどの補償が必要で

どの補償がいらないのかを判断してください。

 

火災保険は家を持っている限り

払い続けるものなので、それを考えると

極力保険料は抑えたいですからね。

 

 

 

 

実績画像2

 

 

あなたのメールアドレスの登録だけでOK

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/