和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > よくある家づくりでの失敗

よくある家づくりでの失敗

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

先週の土曜日に和歌山市のなないろエジソンさんで

「家を買う前に絶対に知っておくべき住宅購入7つのルールセミナー」

を開催しました。

 

セミナー時間は90分。

 

私はセミナーを行う場合、

終了時間は絶対にオーバーしないようにしています。

 

参加される方は、忙しいところ参加してくれていますし、

セミナーの後に他の用事がある人もいます。

また、子供を親に預けていて

早く迎えに行かないといけない方も

中にはいらっしゃいますので、

終了時間はしっかり守らないといけないといつも思っています。

 

ですので、セミナーの準備段階では、話す内容を細かく区切って

それぞれ何分で話すかを決めるようにしています。

 

自己紹介は何分・・・

 

1つ目のルールは何分で終わらせる・・・という具合に、です。

 

しかし、参加者の反応が良かったりすると

話しているこちらも気持ちよくなってきて、

 

「もっと色々知ってもらいたい」

 

と思い、これも言いたい、あれも言いたい

となってしまいます。

 

 

結果、設定していた時間よりも

長く話してしまうことが多いです・・・。

 

セミナーをすると、こんな感じで時間が前後してしまいますので、

 

「しまった。今のところで話し過ぎた。」

 

と毎回何かしらの失敗をしています。

 

そして焦りながら、時間を調節していきます。笑

 

 

こういったセミナーでの細かい部分の失敗であれば、

調整ができるので、大した問題ではありません。

 

しかし、家づくりの段階で失敗してしまうと、

数百万円単位で損してしまうものがあります。

 

 

家づくりでの失敗

 

 

それは

 

「住宅ローン選び」

 

です。

 

皆さん損をしたくないのですが、

意外と多くの方がここで失敗しています。

 

住宅ローンは、各金融機関が色々な種類を扱っているので、

全部合わせると4,000種類以上あると言われています。

 

基本的にはこの4,000種類の中から1つ選ぶ必要が出てきます。

 

 

そうすると、多くの方は何を選べばいいのかわからなくなります。

 

 

また、特に和歌山では土地から購入して、その上に建物を建てる方は注意が必要です。

 

土地から購入する場合の流れは、

 

土地購入

住宅会社選び

建物の見積もり

住宅ローン申し込み

土地のお金の決済

 

となります。

 

ここで、土地購入から住宅ローン申し込みの期間が重要です。

 

 

ちなみに、あなたは土地を購入してから決済まで

どのくらいの期間があると思いますか?

 

 

「そもそも期間なんて決められているの?」

と思われている方も多いのではないでしょうか?

 

 

答えは、

 

 

1ヵ月です。

 

 

土地を買おうと思ってから決済まで

だいたい1ヵ月に設定している業者がほとんどです。

(業者によってはもっと短いところもあります。)

 

つまり、

 

「買うと決めたのなら、

1か月以内に入金お願いします。」

 

という感じです。

 

 

あなたの理想の家を建ててくれそうな住宅会社を選び、

打ち合わせをして建物の見積もりを作ってもらい、

住宅ローンを申し込む金融機関を選び、申込みをする。

 

この流れをたった1ヵ月で行わなければなりません!

 

短いですよね?

 

皆さん休みは、週に1回~2回しかないのに・・・。

 

 

この現状があるので、買う土地が決まってからでは、

有利な住宅ローンを選んでいる暇がないことは想像できると思います。

 

 

住宅ローンの種類は多いし、時間もないということで、

住宅会社が提携している金融機関の住宅ローンにしたり、

給与の支払口座に設定している金融機関のものにするしかなくなるので

結果、十分に比較できず、

知らないうちに数百万円も損してしまうことになりかねません。

 

特に、土地から購入を検討されている方は、

この失敗はしないように、注意してくださいね。

 

 

損してもいいのであれば、別ですが・・・。

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。