和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 住宅ローンを組んで得しよう!

住宅ローンを組んで得しよう!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

家を買うにあたって、

あなたはどのくらいの頭金を準備しますか?

 

もし、あなたが貯金や親御さんからの

援助などで現金が十分にあるとしたら、

全額現金で払って家を買うより、

住宅ローンを借りた方が

金銭的なメリットを得られる場合が

あるのを知っていますか?

 

「でも住宅ローン借りたら、利息かかるから損やん。」

 

って思いましたか?

 

実はそうでもないんです。

 

 

例えば、あなたが貯金と

親御さんからの援助で3000万円以上の

現金があるとします。

 

そして、3000万円の家を全額

現金で支払った場合と

3000万円の住宅ローン(金利0.65%と仮定)を借りて、

10年経過後に残りの

住宅ローン全額(だいたい2200万円)

一括繰り上げ返済した場合で比較してみます。

諸費用などは考慮しません。

 

ちなみに、なぜ10年後かというと

住宅ローンを借りてから10年間は

「住宅ローン減税」が適用されるからです。

 

住宅ローン減税は、ローンを借り始めてから

毎年、その年の年末時点の

住宅ローン残高の1%の税金が

戻ってくる制度です。

 

平成30年現在では

1年間で40万円(長期優良住宅は50万円)

戻ってくる税金の限度額となっています。

 

では、比較してみましょう。

 

3000万円を現金で支払う場合は

3000万円の支払いで済みますね。

 

一方、3000万円の住宅ローン借りて

10年経過後に残りを一括繰り上げ返済した場合は、

住宅ローンにかかる利息は

合計約170万円、そして、住宅ローン減税で

戻ってくる税金が合計約260万円になります。

 

すると、利息を払っても

90万円得する結果になります。

 

また、余裕のあるお金は

貯金しておくのではなく、

どこかで運用しておけば

1.5%とか2%とかで運用できたりするので、

その分も合わせればもっと

メリットが出ることも考えれますね。

 

実際比較してみれば

これぐらい違ってくるんです。

 

 

住宅ローン減税の内容を理解して下さい

 

 

ただし、住宅ローン減税は

あなたが所得税と住民税を

どれだけ払っているか確認しておかないと

意味がありません。

 

住宅ローン減税は年末の

住宅ローン残高の1%分の

「支払った(もしくは支払う予定がある)

所得税と住民税が戻ってくる制度ですので、

住宅ローン残高の1%の金額以上に

所得税と住民税を払っていなければ

満額戻ってきません。

 

年末の住宅ローン残高が3000万円であれば

住宅ローン減税の満額は30万円です。

 

つまり、所得税と住民税の合計が

30万円以上あって初めて30万円が

戻ってくることになります。

 

所得税と住民税が20万円しか

払っていなければ20万円しか

戻ってこないというわけです。

 

けっこう多くの方がこの意味を

理解していません。

 

家づくりでは住宅ローン減税だけでなく、

色々な制度がありますが、

ちゃんと理解していないと

失敗につながる可能性がありますので、

理解した上で本当に

メリットがあるか調べてみて下さいね。

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

メールアドレスの登録だけでOKです!

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。