和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 家と地震について考えよう

家と地震について考えよう

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

最近は仕事でバタバタだったので、

記事を書くのが久しぶりになってしまいました。

 

2週間前、大阪府北部を震源とする

大きな地震がありましたね。

 

和歌山全域でも結構揺れたようです。

私が住んでいる橋本市も結構揺れたので、

阪神淡路大震災の時を思い出しました。

当時と同じぐらい揺れた気がします。

 

大きな地震が起こると改めて、

地震はいつ起こるのかわからないので、

事前に地震への備えをしておく必要があると感じます。

 

ただ、こういうことって

「準備しとかないと。」

と思っても時間が経つにつれ、

後回しになってしまうんですよね…。

 

 

さて、あなたがそろそろ家を買おうと

思っているのであれば、

今回のような地震に備えるものの中で

検討するものの 1 つに地震保険があります。

 

地震保険は地震による建物の損壊や、

火災、津波によって建物がダメージを受けたときに、

その被害の度合いに応じて

保険金が支払われるものです。

 

地震保険は基本地震保険単体では加入できず、

火災保険にセットして加入することになります。

 

一部地震保険を単体で加入できる

保険会社もありますが、

保険料が少し割高ですので、

新たに家を購入する場合は

火災保険とセットで入ることになるでしょうね。

 

また、地震保険の保険金額は

火災保険の保険金額の50%

上限となっています。

 

そして実はこの地震保険は買う家の

条件によって割引が受けられるんです。

 

新築の家の場合は

「免震建築物割引」

「耐震等級割引」

を受けられる可能性があります。

 

免震建築物割引は基礎と建物の間に

ゴムのような素材を入れて

地震の揺れを小さくする免震技術や

システムに基づく建築物に適用されます。

 

ただ、免震建築物に該当する家を

建てる方は和歌山ではそんなにいない気がします。

 

どちらかというと、

「耐震等級割引」の方が割引を

受けやすいと思います。

 

耐震等級割引は大きな地震に

耐えられるような強い構造の

家にした場合に受けられる割引です。

このように地震に対して強い家だと

最大で50%も割引を受けられる可能性があります。

 

 

火災保険にも割引制度あり

 

 

同じようにその地震保険をセットする

火災保険にも割引制度があります。

 

例えば、新築された月から

11 か月後の月末までに購入した場合に

受けられる「新築割引」や、

住宅内の空調、給湯、調理等のすべての設備を

電気でまかなうオール電化の家が受けられる

「オール電化住宅割引」など。

 

このように各保険会社が割引制度を設けています。

 

 

こういうことを知っていれば、

住宅にかかるコストを減らすことができるので、

活用できるものがあれば

どんどん活用していきましょう。

 

 

 

あなたのメールアドレスの登録だけでOK

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。