家と人生の優先順位

From: 柴垣FP事務所@柴垣和哉

 profile

 

 

 

 

先週、フリーアナウンサーの

小林麻央さんが他界されました。

 

非常に悲しいニュースでした。

 

34歳の若さです。

 

彼女は私と2歳しか違わないので、

こんなに年齢が近い人が亡くなると、

人生何が起きるかわからないもの

なんだと考えさせられます。

 

年齢の近い人のこういうニュースを聞くと

後悔しないように仕事もプライベートも

充実できるように毎日を一生懸命に生きておかないとなぁ

と改めて思います。

 

 

 

どういった人生であれば

充実した人生なのかは人それぞれです。

 

 

あなたが思う充実した人生は

どういったものでしょうか?

 

 

中には、自分よりも子供の将来の人生を

充実できるようにしてあげたい。

 

そのためだったら頑張れるし、

それが自分の充実した人生なのだと

考える方もいるかもしれません。

 

それがその方にとっては

現状から考えた充実した人生に

なっている場合もあります。

 

 

じゃあ、何を優先すれば

人生を充実したものにできるのでしょうか?

 

その答えも人それぞれですし、

夫婦であっても優先順位は

それぞれ違っています。

 

 

例えば、奥さんは子供に

いっぱい習い事をさせたいと思っていても、

旦那さんは習い事にお金を使うのなら、

子供が小さいうちに家族の時間にお金を使いたい

と思っていたりします。

 

この優先順位については、

夫婦でしっかりと話し合ってみないと

分からないことだったりします。

 

 

これは家を買うときも同じです。

 

 

家は人生の優先順位の何番目?

 

 

この優先順位を間違えてしまうと

後悔することになります。

 

 

家を買う時期というのは、

まだ子供が小さい家庭がほとんどです。

 

子どもが小さいと

子供にかかるお金はそこまで多くないです。

 

その子供にお金がかからない時期に

家を買うとなると、

 

「今と同じ家賃なら毎月貯金ができるし、

なんとかなるんじゃないか。」

 

「賃貸にお金を払うのもったいないし、

どうせなら家を買っちゃおう。」

 

と、今の生活水準を基準にして

家の購入金額を決めてしまいます。

 

今の生活水準を基準にすると

子どもにお金がかかる

中学や高校に入った時期に

厳しい生活になってしまう方が多いです。

 

これは、公務員の方や上場企業に勤めている方

などの比較的年収が高い場合も同じです。

 

 

ですので、人生に優先順位を決める場合には、

それぞれにどのくらいのお金が必要なのかも

知ったうえで決めてください。

 

そのうえで、どのくらいの家だったら

無理なく住宅ローンを払っていけるのか

を考えてほしいと思います。

 

もちろん立派な家を建てることで人生が充実する。

 

というのであれば、家にたくさんのお金を

使っていただいてもいいと思います。

 

しかし、そうでなければ、なんとなくで

あなたの周りの方や親御さんの意見に

合わせるだけでは危険です。

 

だって、人生の優先順位は

人それぞれ違うわけですから。

 

「家」のことばかりではなく、

あなたやご家族の「人生」という

広い視野を持ったうえで

いくらの家を買うのかを考えてみてください。

 

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。