和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 理想の土地探しは・・・

理想の土地探しは・・・

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

先週、2カ月ぶりにフットサルをしました。

2か月前までは2週間に1~2回のペースで

フットサルをしていましたが、

有難いことに家の購入を考えられている方からのご相談が集中していたため、

それまでは全く行けていませんでした。

 

25歳までは毎日のように本気でサッカーをしていましたが、

今はただ汗をかくためにフットサルをしています。

健康維持のためです。笑

 

そのチームでフットサルをするときは、

1チーム5人、全部で3~4チームで試合をします。

毎回3時間ぐらい続けてやっています。

 

先週も3時間ぐらい試合をしていたのですが、

2か月の間全くと言っていいほど運動をしていなかったので

予想通り2試合ぐらいですぐにバテました。

目がチカチカしていました。

本当に疲れると、目がチカチカしてきます。

 

2か月前は

「ちょっと体力が戻ってきたかな?」

と思っていたのですが、

さすがに2か月全く運動していない状態だと、

ダメですね・・・。

 

ただ、試合中はもちろんつらいですが、

何よりもつらいのが2日後(年齢のせい?)にくる筋肉痛です。

 

久しぶりに3時間もフットサルをすると、

筋肉痛がやばいです。

仕事に支障をきたすぐらいやばいです・・・。

 

フットサルの期間を空けすぎてしまうと、

体力もなくなりますし、筋肉痛も後悔するぐらいひどくなってしまいます。

 

無理をしない程度に継続することは大事だと痛感しました。

 

土地探しは長丁場

 

家づくりで、忍耐強く継続しないといけないことは、

ずばり「土地探し」です。

 

私のお客様の中にも理想の土地を見つけるのに

2年かかった方もいるぐらいです。

また、良い条件の土地は皆さん探しているので

「早い者勝ち」になったりします。

 

和歌山で家の購入を検討されている方は、

土地から購入されてその上に家を建てられる方が比較的多いので、

「近々、家を建てたいと思っているが、土地が見つからない。」方は、

結構いらっしゃる印象を受けます。

(私のセミナー参加者にもそういった方が多いですからね。)

 

 

その土地を見つける場合に重要なのが、

不動産業者選びです。

 

 

例えば、あなたが家を買おうと思って、

ハウスメーカーや工務店の完成見学会に行ったとします。

 

すると、業者の担当者から

「もう家を建てる土地は決まっているのですか?」

と聞かれます。

 

そこでまだ決まっていないと答えると、

「うちで土地探しをお手伝いしましょうか?」

と聞かれます。

 

近々家を買う予定があると、

その提案を受けてその業者に土地探しのお願いしてしまうことがあります。

 

 

問題ないように思えますが、

実は、この方法は業者選びの失敗につながる可能性があります。

 

それはなぜかと言いますと、

先ほどお伝えしたように、土地探しは時間がかかりますので、

その業者とは長い付き合いになる可能性があります。

そうすると、長期間に渡って土地探しをしてもらったということで、

その業者で家を建てないといけない雰囲気になってしまうのです。

 

すると、他の業者を検討することができません。

 

もっとあなたの理想とする家を建ててくれる業者があるかもしれないのに・・・

です。

(もちろん、その業者の家づくりや家に対する考え方などが

あなたの理想通りなのであれば全く問題ありません。)

 

 

では、業者選びの基準はどういった点で行うべきなのでしょうか?

 

個人的には、まだ具体的に建築業者を決めていないのであれば、

土地探しは、家の建築は行っておらず、

土地や中古物件の仲介のみを行っている不動産業者をおススメします。

 

業者の中には、実際に施工する業者の意見を聞きながら

土地を探すほうがいいとおっしゃっている方もいらっしゃいますが、

建築のプロであれば、ある程度は設計の工夫で何とかするべきではないかと

個人的には思ってしまいます。

 

 

あなたが土地から購入することを検討されているのであれば、

土地の探しをお願いする業者選びにも少し気を配ってみてくださいね。

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。