和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 土地を買ってから住宅ローン決定までの間に注意が必要なわけ。

土地を買ってから住宅ローン決定までの間に注意が必要なわけ。

先週、和歌山のある工務店の住宅の完成見学会に行ってきました。

工務店などそこまで規模の大きくない会社は

自社でモデルハウスを持っていない場合があります。

 

あとは、モデルハウスがあっても少し前に建てられたもので、

少し古くなっていたりもします。

 

そういった会社は、建築中のお客様の家が完成するたびに

完成見学会を週末に行い、

 

「自分たちはどういった家を建てることができるのか」

 

を知ってもらう機会にしています。

 

モデルハウスは立てるのに費用が掛かるのはもちろんですし、

長い間モデルハウスとして使っていきますので、

その維持費も必要になってきます。

 

そうなると比較的大きな会社じゃないと

何棟もモデルハウスを持つことは難しいのが現状です。

 

ですので、住宅会社は家を建てた施主さんにお願いして

自宅を一般公開させてもらいます。

 

その完成見学会が先週あったわけです。

 

そこでその住宅会社の代表の方といろいろお話したのですが、

この会社の場合は、

お客様と家を建てる契約を交わしてから

完成までは10か月ほど必要だそうです。

 

設計に2か月、実際に建てるのに8か月ほどの時間をかけるそうです。

 

家が完成するまでに3ヶ月しかかからない住宅会社もあることを考えれば

この会社は比較的長い時間をかけて家づくりを行っているようです。

 

もちろん、会社専属の職人さんの人数に限りがあるのはもちろんですが、

じっくりと家づくりに取り組まれているという印象を受けました。

 

 

このように、家づくりをする場合は何にどのくらいの時間がかかり、

いつごろまでには住み始めることができるのかという流れを

把握しておくことは重要です。

 

特に、土地を買ってそこに家を建てようとしている場合は注意が必要になります。

 

 

 

住宅ローンを組んで土地を買う場合に数百万円損してしまう可能性があります。

 

住宅ローンを組んで土地を買う場合に、

土地の契約をしてから住宅ローンの借入先決定までの期間が

1ヵ月しかないことがあります。

 

気に入った土地が見つかり、

買う意思を示すと不動産業者の方からこう言われます。

 

「1ヵ月以内に住宅ローンの借入先を決めてください」

 

これは、土地の売り手が相手の気が変わらないうちに

早めに土地を売ってしまいたいという心情からくるもので、

不動産業界ではこれはごく普通のことです。

 

買い手からすると、理想の土地はなかなか見つからないので、

何カ月も探して見つかった土地、

この先この条件では見つからないかもしれないという土地です。

 

なんとか買いたいので、1か月以内に住宅ローンの借入先を決めようとします。

 

しかし、今まで土地探しに夢中になっていた方が

いきなり住宅ローンの借入先を決めてくださいと言われても、

簡単ではありません。

 

しかも、住宅ローンは各金融機関が何種類も扱っています。

今まで全く調べてこなかった方にはどうすればいいのかわからなくなります。

 

また、平日は仕事の方がほとんどですので、

金融機関を訪ねることもなかなかできません。

 

そんな風に困っていると、

住宅会社の担当者からこんなうれしい提案があります。

 

「当社には提携の住宅ローンがありますので、

そちらをご利用できますよ。

手続きも私たちが行いますので、

○○さんは書類を用意していただいて、

サインするだけで手続きが完了します。」

 

土地の契約の時にいきなり1か月以内に住宅ローンを決めろ

と言われて困っているときにこう言われてしまうと、

ほとんどの方が住宅会社に住宅ローンをお願いすることになります。

 

しかし、この選択が住宅ローンの選択で

数十万円~数百万円ものお金を損してしまう

可能性があることを多くの方が知りません。

 

というのも、住宅ローンは各金融機関若干異なっているので、

細かい違い全てを含めると1,000種類以上あるとされています。

 

多くの種類があるということは、

金利、手数料などの諸費用を比較すれば、

数十万円、多くて数百万円支払うお金が変わることがあります。

 

さらに、資金計画の立て方によっても、

住宅ローンの金利が変わる場合もあります。

 

例えば、住宅ローン借入金額3000万円、35年返済で借りる場合、

借入金利0.6%で借入すると35年間の支払利息は約3,267,000円、

借入金利0.8%だと支払利息は約4,405,000円となります。

(35年間、金利が変化しない場合です。審査結果によって金利は異なります。)

 

この場合、わずか0.2%の違いだけで、

約114万円の違いが出ることになります。

 

 

この金額が多いか少ないかは人それぞれですが、

比較しないとそれだけで損してしまう可能性が増えるというわけですね。

 

 

家づくりの流れを把握しておかないと、

こういった失敗をしてしまうかもしれないので注意してくださいね。

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。