和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 日本人は生命保険が大好き?

日本人は生命保険が大好き?

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

 

先週、某ハウスメーカーでセミナー講師として招かれ、

お話ししてきました。

先月は東京でセミナー講師を担当させていただき、

先週は大阪ででした。

ちなみに、来月は福岡の博多に行ってくる予定です。

 

セミナーでは住宅のことはもちろんですが、

生命保険についてもお話しします。

(住宅購入と生命保険は切っても切り離せない関係です。)

 

生命保険について話すときには、

参加者のほとんどの方が真剣に耳を傾けてくれます。

 

 

私はセミナー講師として、たまに依頼をいただきます。

対象者は内容によって20代から60代までと年代層は幅広いですが、

生命保険の話になると真剣に話を聞いてくれるというのは、

どの年代でも共通することです。

 

皆さん本当に真剣です。

 

その様子を見ていると、

 

「ホンマに、みんな生命保険好きなんやな~」

 

と思ってしまいます。

 

 

生命保険は人生で2番目に大きな支出

 

 

生命保険は、一生涯の保険料を合計すると、

人生で2番目に大きな支出になるので、

気になるのは当たり前と言えば当たり前です。

 

ちなみに、一番目はもちろん、住宅です。

 

また、生命保険は各社が色々な商品を販売していますし、

色々な情報があるので、何が自分に合っているかは

わかりづらいのが正直なところです。

 

 

実際に、私も相談に来られた方から

 

「良い保険はどれですか?」

 

とご質問されることがあります。

 

こう質問された場合の私の答えは、

 

「良い保険は人によって違う。」

 

になってしまいます。

 

 

それは、この「良い」というのは、

その方が生命保険に何を求めているかによるからです。

 

 

例えば、「掛け捨ての生命保険は嫌だ。」

と感じている方に、自分が「良い」と思っている

「保険料が一番安い掛け捨ての保険」

を提案しても、その方にとっては

「良い」とは感じないと思います。

 

このように、人によって

保険に加入する際に重視することが違います。

 

 

「一番安く必要な保障を確保できる保険に加入したい」

 

と思っている方がいたり、

 

「保険は最低限の保障があればいい」

 

「財務状況が一番健全な保険会社の保険に加入したい」

 

と思っている方がいたりもします。

 

考え方によって「良い」保険は人それぞれ違うのが当たり前なわけですね。

 

ですので、保険を考える場合には、

商品ありきではなく、まずはご自身が

保険に何を求めているのかを考えてみてください。

 

その自分の考え方に一番近い保険が

「良い」保険と言えるのではないでしょうか?

 

 

あとは、老後のために積立保険に加入し、

途中で保険料を払えなくなり解約してしまうと

戻ってくるお金は払ったお金よりもかなり少なくなってしまいますので、

住宅購入予算と同じく、「その保険料をずっと払い続けられるか」

という視点も忘れないでくださいね。

 

 

「知っているだけで1000万円変わる?!」

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「無理なく返済できる住宅購入予算」を知りたい方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。