和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 家にかけるお金を増やせる?!

家にかけるお金を増やせる?!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 

 profile

 

 

 

 

 

この前の選挙からですが、

国は3歳児から5歳児の

幼稚園や保育園の保育料を

無償化する方向で動いています。

 

認可外は対象にしないなど、

まだまだ決まっていない

部分はありますが、

 

保育料が無償化になると

家計の負担が軽くなるので

子供がいる家庭は

かなり助かるでしょう。

 

ちなみに、和歌山市の保育料の上限は

共働きで収入が多い世帯の場合、

3歳児未満の保育料は月74000円、

2人目はその半額の月37000円、

3歳児以上だと1人目は月35100円、

2人目はその半額の月17550

となっています。

 

もし3歳児から5歳児の

保育料が無償化されると、

子供1人目で1年間約40万円、

3年間だと120万円。

子供2人目はその半額の1年で20万円、

3年間だと60万円。

(2人目が半額になるのは、

子供2人を同時に保育園に

預けた場合ですので、

あくまで単純に計算した金額です。)

 

この負担がなくなるのは

かなり家計には嬉しいことです。

 

つまり、世帯年収が高い

子供2人の家庭で考えると

100万円~150万円ほどの

支払いがなくなることになります。

 

これは単純に考えると

かからなくなった保育料100万円は

家のグレードを上げるために

使えることになります。

 

 

払わなくてよくなったお金の使い道

 

 

100万円あれば、

 

お風呂のグレードを上げられる。

 

もう少し収納にこだわれる。

 

もう少しいい場所の土地を買える。

 

 

といったことにお金を使えます。

 

 

 

また、家にかかるお金にあてなくても、

子供の教育費の足しにすると考えると、

100万円あれば、

私立大学の1年分の学費をまかなえます。

 

子供が大きくなると、

貯金が難しくなる家庭が多いので

支払う必要がなくなるお金を

将来のために置いておくのも

選択肢の一つですね。

 

 

ただし、使い道は

あなたが無理なく返済できる

住宅購入予算を知った上で

どうするかを考えないと

家計が立ちゆかなくなるので、

注意してくださいね。

 

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

 

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。