和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 正月は家について話すチャンス?

正月は家について話すチャンス?

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 profile

 

  

 

 

 

今年も残すところあと4日。

そろそろ正月休みですね。

 

正月はご夫婦どちらかの

実家で過ごすという方も

いるのではないでしょうか。

 

家族の近況や子供のことなど

色々な話をすると思います。

 

もし、近々家を購入しようと

思っている方はぜひ一度、

家の話をご両親にしてみましょう。

 

もしかしたら、いくらかのお金を

援助してくれるかもしれません。

 

ある民間の住宅ローン会社が

20歳〜49歳までの住宅購入者100人に

行なったアンケートでは、

4割の方が親から援助を受けている

という結果が出ています。

 

実際に、私のもとにご相談に来られる方も

だいたいそのぐらいの割合で

親からいくらかの援助を受けられる

とおっしゃられます。

 

しかも、今は親や

おじいちゃん、おばあちゃんから

援助を受ける場合に

その一定金額の援助に対して

税金がかからない制度があります。

 

通常、他人から1年間に

110万円以上のお金や物を

もらったら、

110万円を超えた金額に対して

「贈与税」という税金を

払わなければなりません。

 

これは、親からでも

例外ではありません。

 

しかし、家を建てる(購入する)人が

実の両親やおじいちゃん、おばあちゃんから

お金をもらった場合には特例として、

一定金額までの援助には

「贈与税」がかからない

ことになっています。

 

この一定金額は、建てる家が

普通の家であれば700万円まで、

建てる家が省エネ基準に

該当する場合には1200万円まで

税金がかからなくなっています。

 

 

注意すべきこととは?

 

 

しかし、この制度には

注意点があります。

 

それはこの制度は

家を建てる人の

実の両親からの援助じゃないと

利用できないという点です。

 

旦那さん名義で家を建て、

奥さんの両親から

援助を受ける場合だと、

この非課税制度は

利用できないということです。

 

では、この場合に

奥さんの両親から受ける援助に

税金がかからないようにするには

どうすればいいかというと、

 

家の名義を旦那さんと奥さんの

2人の名義にする必要があります。

 

例えば、土地建物3000万円の

家を頭金なし、

奥さんの両親から600万円の

援助を受けた場合、

家の名義を

旦那さん80%、奥さん20%

にしなければならないということです。

 

また、住宅ローンを借りる場合には

住宅ローンも80%と20%

分けないといけません。

 

つまり、奥さんも

住宅ローンの申し込みをして、

審査を受けないと

いけないことになります。

 

援助をしてくれるのが

誰なのかによって

こういうことも考えないといけない

ということは知っておいてください。

 

家を買う場合には、

色々な制度が絡んできますので、

この正月休みの機会に

家づくりについて

じっくり話し合うことも

必要かもしれません。

 

あとは、来年度も頑張れるように

日頃の疲れを癒して下さい。

 

それでは、良いお年をお過ごしください。

 

 

p.s. 今年度のご相談はお受けできませんが、

2018年度のご相談は14日からお受付します!

 

 

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

 

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。