和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 住宅ローンの審査に受からない人の特徴

住宅ローンの審査に受からない人の特徴

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。 

私の元には住宅ローンの審査に

受からない方が相談に来ることもあります。

 

住宅ローンは審査に落ちても

その落ちた理由は教えてくれません。

 

ですので、一度落ちてしまった方の中には

「もう住宅ローンは借りられないかも。」

「どうすれば住宅ローンの審査に受かるんやろ。」

と途方に暮れてしまう方も

少なくありません。

 

そして、どうすればいいのか

わからなくなって私の方に

問い合わせが入ってきます。

 

和歌山県にお住いの方だけでなく、

他県に住んでいる人からも。

しかも、関東にお住いの方。

 

私がどこに住んでいるか

わかっていないのかなぁって

疑問に思ってしまう時があるのですが、

それを承知でご連絡いただけます。

 

誰に相談すればいいのかわからず、

インターネットで調べていて

私のWebサイトに辿り着いた

っていう感じの方が多いです。

 

こういった、住宅ローンに受からない方の

特徴として、個人的なイメージは

「信用情報」に問題があることが多いです。

 

信用情報とは、クレジットカードや

ローンなどの返済や支払いに関する

情報のことです。

 

住宅ローン審査では、借りる人の

信用情報を見て、

この人は貸したお金を遅れることなく

しっかりと返してくれる人なのか

どうかを確認します。

 

 

消費者金融はアウト

 

 

この信用情報で審査が

ダメになるときの理由としては、

 

「過去にクレジットカードなどの

引き落とし忘れが何回もある」

 

「他の借り入れが多い」

 

「自己破産した経験がある」

 

などです。

 

あと、消費者金融から

お金を借りている方は

基本的にアウトです。

 

住宅ローンの審査には受かりません。

 

もし過去にクレジットカードの

延滞が何回もある場合には、

個人信用情報から

その履歴がなくなるまで

待つ必要があります。

 

延滞履歴は5年間は消えませんので、

結構長いです。

 

延滞解消してから5年間なので

過去に何度も延滞があった場合は

古いものから履歴が消えていくことになります。

 

ですので、ある程度履歴が消えてから

住宅ローンに申し込むのが無難です。

 

消費者金融からの借り入れがある場合は、

まずはその借金を返してから

住宅ローンへ申し込みをする必要があります。

 

少しでもこういった住宅ローンに

影響しそうなことがあった方は

まずはその問題を解決するようにしてください。

 

何回も住宅ローンの審査に落ちてしまうと

余計に住宅ローンを借りにくくなってしまいますよ。

 

 

 

家はまだ先だけど役に立つ情報が欲しい方、必見!

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。