和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 金利だけを見ていると失敗する

金利だけを見ていると失敗する

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

profile 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

あなたは定期預金をしようと思った時に

まずは何を確認しますか?

 

おそらく「金利」と

答えられる方がほとんど

ではないでしょうか。

 

都市銀行や地方銀行の

定期預金の金利はほとんど差はありませんが、

ネット銀行なんかは他の銀行に比べて

高めに設定しています。

 

都市銀行、地方銀行の倍ぐらい

高い金利になっています。

 

「倍って言っても金利自体が低いし、

そんな変わらないでしょ?」

 

って思いました?

 

その通りです。

 

ただし、たまに預貯金の金利キャンペーンを

やっている銀行があります。

 

すると、それにつられて

そのキャンペーン中の銀行に

定期預金しちゃうって方もいます。

 

キャンペーン金利は10倍ぐらい

高い金利になっていたりしますが、

この利率が適用されるのは

1ヶ月間とか3ヶ月間のみ

ってことが多いです。

 

利率は1年間お金を預けたら

%の利息が受け取れるかを表したもので、

それが1ヶ月なら実際はその12分の1の利息しか

受け取れないことになります。

 

利息には税金がかかるので

それを引いたら受け取れる利息は

もっと少なくなりますね。

 

一見すると得がありそうですが、

中身を理解すれば

そんなにメリットがなかったりします。

 

この一見すると得っていうのは

住宅ローンも同じです。

 

 

数字だけに惑わされない

 

 

住宅ローンは

「変動金利0.625%〜」とか

「変動金利0.52%〜」と

低い金利を強調して

提示している所がほとんどです。

 

多くの方はこの数字だけ見て、

「〜」の意味を理解していません。

 

これは、

「頭金が多く入れられる人や

年収が高い人のように、

住宅ローンを貸しても、

毎月確実に返済してくれそうな

信用力が高い人にはこれぐらい

低い金利で貸しますよ。

だから、借りる人によっては

これよりも金利が高くなる

可能性がありますよ。」

 

という意味を含んでいます。

だから一見、金利が低く見えても、

いざ申し込んでみると

高い金利でしか借りられず、

 

「他で借りた方が金利が低かったのに…」

 

ということもあり得るわけです。

 

住宅ローンは複雑で

説明を何度聞いてもしっかりと

理解するのは難しいものです。

 

しかし、何も知らないままだと

気づかないところで

数十万円単位で損してしまうのが

住宅ローンですので、

じっくり調べてみるのも

いいのではないでしょうか。

 

 

 住宅ローンのこともわかる!

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。