和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > 住宅ローンは金利だけを見て決めてはいけません!

住宅ローンは金利だけを見て決めてはいけません!

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター(柴垣FP事務所)

 

profile 

 

 

 

 

 

先週末、日本の排他的経済水域(EEZ)内に

北朝鮮がミサイルを発射したということで、

各国政府は慌てていました。

 

北朝鮮はこれまで何度となく経済制裁をされても、

仲の良い中国を通して注意をしても

なかなか核開発を止めようとしませんね。

 

相変わらずコントロールが効かない国です。

 

 

さて、なかなかコントロールできないことは

家づくりのお金に関することの中にもいくつかあります。

 

その代表的なものが、住宅ローン金利です。

 

 

住宅ローンの注意点

 

 

今から家を建てようと思っている方の

ほとんどは20代後半の方から

40代前半の方だと思います。

 

私も含めてこの年代の方達は

金利が低い時代しか知らないので

金利が上がるというイメージがあまりありません。

 

しかし、ここ20年間の

住宅ローン金利の平均金利は4%ほどです。

 

さらに、銀行に住宅ローンの借り入れを申し込んだ場合には、

銀行は「この人は貸しても大丈夫な人か」を審査します。

この審査に受かれば晴れて住宅ローンを借りることができます。

 

この審査の時に適用する金利である審査金利を

4%3%に設定している銀行がほとんどです。

 

つまり、銀行は

「この人は住宅ローン金利が4%になったとしても

年収に対して過度な借入れにならないのか?」

をチェックしているわけです。

 

もちろん今後の住宅ローン金利が上がるかどうかは

正直「神のみぞ知る」ですが、

個人的には、短期的にはそこまで大きく

住宅ローン金利は上がりませんが、

1020年の長い期間で考えれば、

今よりも高い水準になると予想しています。

 

 

ですので、念のため今後30年や35年など

長い期間を考えると、住宅ローン金利が4%まで

上がる可能性も少し考えておく必要があるでしょう。

 

もし子どもの教育費がかかる時期に

住宅ローン金利が上がってしまうなんてことになると

子どもの教育費と住宅ローンの支払いの

ダブルパンチがあなたの家計を襲います。

 

もしあなたが変動金利型や

3年固定や5年固定、10年固定金利型など

住宅ローン金利が変わる可能性のある住宅ローンを

組もうとお考えなのであれば、

ご自身ではコントロールできない

住宅ローン金利の上昇へ対応できるように

住宅ローン選びはあなたの将来の家計を予想しながら

慎重に行ってほしいと思います。

 

ちなみに、今月の住宅ローン金利は

先月と比べて少し上がっていますし、

昨年、平成288月の金利と比べても

少し高くなっています。

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

お役立ち情報やキャンペーン情報もあります!

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「いくらの家を買えばいいのかわからない」と思っている方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。