和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > まず住宅展示場に行くは正しいこと?

まず住宅展示場に行くは正しいこと?

柴垣FP事務所 柴垣和哉

profile

 

 

 

 

 

 

家を購入したいと思った場合、

あなたはまず何から始めますか?

 

インターネットで和歌山の住宅会社を調べてみる

 

住宅関連の雑誌を購入する

 

すでに家を建てた友達に詳しく聞いてみる

 

 

など、色々な方法が思い浮かぶと思いますが、

 

「まずは住宅展示場に行ってみる」

 

と考えられる方は非常に多いです。

 

 

私のもとへご相談に来られる方や

近々家を買おうと考えられている私の友人、

ほぼ全員がとりあえず展示場に行ってみたと言います。

 

和歌山では、主要な道路沿いに住宅展示場がありますし、

色々なところに大きな看板で展示場の案内を出しているので、

家を買おうと思った方が

 

「とりあえず行ってみよう」

 

となるのは当然と言えば当然ですね。

 

 

しかし、家を買おうと思ってまず住宅展示場に行ってしまうのは間違いです。

 

 

なぜかと言いますと、

そもそも住宅展示場というのは、

建物自体のグレードが高くになっているケースが多く、

またそこにおいている家具などは

インテリアデザイナーなどの専門家にお願いして

見た目が良くなるように計算されていることが多いです。

 

グレードが高い建物ですし、見映えがいいので、

「こんな家に住みたい!」

という欲求が刺激され、家を買う気持ちを高ぶらせてくれますが、

実際にその展示場と同じ家にしようとすると

どれだけお金があっても足りません。

 

また、あなたが持っている家具の大きさをイメージしておかないと

家具を置いたときに思ったより部屋が狭く感じてしまうこともあるので

注意が必要です。

 

 

ですので、家づくりを考えた時に

まず住宅展示場に行ったとしても、

ある程度のその会社の家づくりのこだわりは

わかるかもしれませんが、参考になることは少ないですね。

 

 

やっぱりまずは住宅購入予算を知るべき

 

 

では、最初に何をすべきかというと、

 

それは、やっぱり・・・

 

「あなたが無理なく返済できる住宅購入予算」

 

を知ることになります。

 

 

あなたの家族構成や世帯収入や支出、

子供の教育プランを考えたうえで、

子供の教育費の負担が大きくなる一番お金がかかる時期に

お金が底をついてしまわないような

「住宅購入予算」を知ることが大事です。

 

住宅購入予算がわかれば、

土地や建物にどのくらいのお金をかけられるのかが分かります。

そうすると、住宅展示場やモデルハウスを見学に行くときに、

自分が建てることができる家はどのくらいのものか

イメージしやすくなりますので、効率よく家づくりを進めていく事ができます。

 

例えば、建物にかけることができるお金が2500万円だったとします。

そうすると、住宅展示場にある家の価格が4000万円だった場合には、

その建物を見る必要がなくなりますので、時間をムダにしなくてすみます。

 

また、住宅会社がモデルハウスの見学会をおこなっていた場合に、

電話などでそのモデルハウスの価格を確認し、

2500万円に近い価格なのであれば、

あなたが建てることができる家をイメージしやすくなりますので、

そのモデルハウスを見ておいた方がいいと判断できますね。

 

このように、あなたの

「無理なく返済できる住宅購入予算」

がはっきりわかれば、効率がいいですね。

 

家づくりは長いと数年間にも渡りますので、

途中で疲れてしまわないようにこういった視点も大事にしてみてください。

 

 

 

 

 

「知っているだけで1000万円変わる?!」

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

「無理なく返済できる住宅購入予算」を知りたい方はこちら

http://shibagaki-fp.com/

 

 

お電話でのお問い合わせはこちら

080-5632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。