和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > お金がたまる人がやってるたった2つの習慣

お金がたまる人がやってるたった2つの習慣

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

profile

 

 

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

私は今うさぎと猫を飼っています。

うさぎの名前はむさしで猫はミミです。

これがむさしとミミです。

ミミ 無題

 

可愛いでしょ?笑

 

毎日家を出る時と帰った時には、

2匹に挨拶します。

この2匹が今の私の

最大の癒しです。笑

 

ミミは基本放し飼いで、

むさしはゲージで飼っています。

猫とうさぎは基本キレイ好き。

むさしはゲージで飼っているので、

毎日ゲージの掃除をしなければなりません。

 

ですので、夜はむさしのゲージを掃除するのが、

私の毎日の習慣です。

 

あなたには何か習慣にしていること、

習慣になっていることがありますか?

 

決まったサイトを毎日チェックしている。

 

携帯ゲームをする。

 

スーパーのチラシをチェックする。

 

などいろいろな習慣があると思います。

 

 

では、お金を貯めることについては

どんな習慣を持っていますか?

もしあなたがお金に関して

何も習慣を持っていないのであれば、

 

「何故かわからないけどお金が貯まらない」

 

方なのかもしれません。

 

 

私が相談を受けていて感じる

お金が貯まっている人の特徴は、

お金を貯めるために

何かしら習慣化していることが

あるということです。

 

 

代表的な2つの習慣

 

 

お金を貯めるための習慣は

色々ありますが、

代表的な2つの習慣は

「先取り貯金」と「家計管理」

です。

 

「先取り貯金」は毎月の給料から

生活費を引いていき、

残ったお金を貯金する方法ではなく、

毎月貯金する金額を決めておき、

先に貯金額を引いて残ったお金で

毎月の支出をやりくりする方法です。

 

こうすることで確実に

貯金を増やしていけますし、

毎月の支出が多くなりすぎることを

防ぐことができます。

 

また、残業が減ったりして

給料が減ってしまっても

ある程度やりくりできます。

 

もう1つの「家計管理」は、

毎月何にいくらのお金を使っているのか

把握していることです。

 

毎月の支出をお聞きした時に、

何にいくらお金を使っているのか

はっきり答えられる人ほど

貯金額も多い傾向があります。

 

もちろん、これらを実行したら

絶対お金が貯まるというわけではありません。

 

そもそも収入に対して

生活費が多すぎると

「先取り貯金」や「家計管理」をしても

お金は貯まりません。

 

例えば、毎月の生活費が赤字で、

その赤字をなんとかボーナスで

カバーしている場合などは

そもそも生活費が多すぎることになります。

その場合はまず毎月の支出を

見直さないと何も始まりません。

 

住宅購入後は毎月の住宅ローン以外にも

お金がかかってくるので、

住宅を購入する前に見直しておきたいですね。

 

これから住宅購入を考えている方は

「先取り貯金」「家計管理」

を始めてください。

 

ちなみに、まずは「先取り貯金」から

始めることをお勧めします。

 

先取り貯金をすると強制的に

家計管理しなければならなくなりますので…。

 

 

 

「たった7通のメールで1000万円支払うお金が変わる?!」

銀行や住宅会社が教えてくれない

【住宅のお金のことが分かる無料メール講座】

への登録がまだの方はこちら

http://shibagaki-fp.com/mail/

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。