和歌山家づくりのお金相談センター  > お役立ち情報  > そのローン誰が得するの?

そのローン誰が得するの?

From:柴垣和哉@和歌山家づくりのお金相談センター

 

 profile

 

 

 

 

住宅購入専門ファイナンシャルプランナーの柴垣です。

 

あなたは「かぼちゃの馬車」って

聞いたことがありますか?

なんかメルヘンな感じですよね。

 

これは今悪い意味で話題になっている

女性専用シェアハウスのブランド名です。

 

ある不動産会社がこのかぼちゃの馬車の

物件を購入した人からその物件を借り上げ、

そのシェアハウスの入居者から集めた賃料を

物件を購入した人に支払うという

契約が受けて1000棟近く販売していました。

 

しかし、シェアハウスに入居する人が

想定外に少なく物件を購入した人に

賃料が払えなくなりました。

 

シェアハウスを購入した人は

毎月決まった賃料が受け取れると思って、

銀行からお金を借りていたのですが、

その賃料が払われなくなったので

ローンが返せなくなり、

億近い借金だけが残ってしまった

という事件が起こったので

話題になっています。

その不動産会社は破産しました。

 

しかも、購入者に融資を行なった銀行が

購入者の収入や通帳記録を

改ざんしたのではないか

という情報もあります。

 

つまり資金があまりない人に

無理にお金を融資していたんですね。

 

これが本当なのかは

まだわかっていませんが、

この原因としては最近の金利が低いことや、

あまり企業がお金を借りなくなったため、

銀行の利益が減ってきている背景が

あると言えます。

 

そもそも銀行は企業や個人に

お金を貸して、そこから得られる利息で

儲けるのが本業です。

 

でも、最近はお金を借りてくれる

企業や個人が減ってきているので、

銀行などの金融機関はなんとか

会社の利益を増やそうと必死です。

 

その必死さからこういう

違法なことをしてしまったんだと

想像できます。

 

 

金融機関の本音

 

 

このように金融機関は

お客さんから受け取る利息や

手数料で儲けているので、

少しでも金融機関が儲かる商品を

販売したいのが本音です。

 

金融機関はいろいろな商品を

扱っていますが、

金融機関にとって利益が少ない商品は

あまり勧められません。

 

「手間だけかかって儲からない」

ってことになってしまうからです。

 

これって実は住宅ローンにも

当てはまる話です。

 

 

住宅ローンの裏事情

 

 

では、今金融機関がお客さんに勧める

住宅ローンは次のうちどちらだと思いますか?

 

「変動金利型住宅ローン」

「全期間固定金利型住宅ローン」

 

ちなみに、「変動金利型住宅ローン」は

名前の通り、世の中の金利が上がると

それに応じて金利も上がる

仕組みの住宅ローンです。

 

「全期間固定金利型住宅ローン」は、

契約した時の金利がずっと続いていく

住宅ローンです。

(住宅ローンについては

無料メール講座で詳しく説明しているので

そちらで確認してください。)

 

ちなみに、金利が低いのは

「変動金利型」の方です。

 

どうでしょうか?

 

 

答えは十中八九

「変動金利型住宅ローン」です。

 

この表向きな理由は、

「金利が低い」ということです。

 

はい。当たり前ですね。笑

 

金利が低いと毎月の返済額も

少なくなるのでメリットがあります。

 

金融機関の決まり文句が

「金利が低い」

「当分は金利は上がらなそう」

という言葉です。

 

今の家を買う人の年代は

(もちろん私も含めて)

昔の銀行預金が4%とかの

時代を知らないので、

金利が上がることの

イメージがつかないです。

 

ですから、この言葉を信じてしまいます。

 

しかし、金融機関が

変動金利型を勧める裏の事情もあるので、

これも知っておいてください。

 

それは何かと言うと、

お客さんに金利が上がるリスクを

背負ってもらうためでもあります。

 

 

「?」

ですよね。

 

例えば、将来的に金利が上がるとします。

その場合、全期間固定金利型の

住宅ローンを借りているお客さんは

当然金利は変わりません。

 

それは金融機関からすると

「世の中の金利より低い金利で

お金を貸してしまっている」

という状況になります。

 

この状況は、金融機関にとっては

「損」という考えになってしまいます。

 

しかし、変動金利型の住宅ローンであれば

お客さんの住宅ローン金利を

上げればいいわけですね。

 

だから、変動金利型住宅ローンを

勧めるのが経営上、合理的なんです。

 

ただし、誤解して欲しくないのは

だからと言って全期間固定金利型住宅ローンが

良いというわけではありません。

 

 

どちらが良いのかは

人によって違います。

 

あなたにとってどちらが適しているのかは

今後の世帯収入や支出が状況、

子供の教育プランを具体的に

イメージして初めてわかるものです。

 

住宅ローンはそれぐらい

慎重に決めないといけないことですので、

売り手側の意見に惑わされないでくださいね。

 

 

 

 

 

初回面談無料!2回の面談で5000円!

あなたにとって最適な住宅ローン金額がわかります!

http://shibagaki-fp.com/

 

お電話でのお問い合わせはこちら

0805-632-8698

9:00〜18:00 平日・土曜(日・祝応相談)
「ホームページを見たのですが…」とお伝え頂くとスムーズです。
ご相談のご予約は土日・夜間でも可能です。